ビタミンC誘導体って知ってますか?

ビタミンCってサプリメントで有名なせいか、コスメとして見たことはあってもどんなものか知らない人が結構いるんではないでしょうか?

 

私も実際にニキビ跡に悩むようになるまでは、ビタミンC誘導体という名前は聞いたこともあったし、化粧水などにも書いてあるのを見たことがあったのでサプリだけじゃなくてお肌に塗ったりもできるんだ、というくらいの認識はありました。

 

しかし、実際にどんなことに効くのかは全く知りませんでした。

 

実は、本当にニキビやニキビ跡に悩んでいる方にピッタリの効果を得られるんです。

 

効果については後述するとして、まず誘導体ってなんだ?と思いますよね。

 

誘導体というのは、本来の形のものに手を加えるものほとんど性質を変えないように改良したものというようなイメージのものですね。

 

どうしてそんなことをする必要があるのか?というと、ビタミンCというは抗酸化作用があるのは聞いたことがあると思いますが、この抗酸化作用というのは酸素と結びつきやすい、つまり酸化しやすいという意味です。

 

お肌の細胞がが酸素と結びつくと、いわば老化という現象を引き起こすのですが、ビタミンCは肌細胞よりも先に酸素と結びついてくれるので肌の老化を防げるんですね。

 

しかし、酸素と素早くくっつく性質のため、例えば肌に塗って放置しておくと、肌に役立つ前に空気中の酸素とくっついてしまって役に立たなくなってしまうのです。

 

また、お肌は一部を除いて外部からの侵入を防ぐようにできているため、ビタミンCのままでは肌の内部に入り込むことができないのです。

 

そのため、肌に浸透できるように、そして大気中では酸素と結びつかないように改良したものがビタミンC誘導体なのです。

 

どうしてニキビ跡にいいの?

ではどうしてビタミンC誘導体がニキビ跡にいいのでしょうか?

 

それは次のような効果があるからです。

 

  • 皮脂を抑える
  • 炎症を抑える
  • シミを防ぐ

 

ニキビ跡にならないためにはニキビを作らないようにすることが大事ですが、そのためには皮脂が出過ぎている状態を抑える必要があります。さらに、ニキビ跡というのは炎症によるダメージが残っているため、炎症を抑える作用が大事になってきますね。さらに、炎症が悪化するとメラニン色素を誘発してシミのようになってしまうので、それを予防する必要もあるのです。

 

このように、ビタミンC誘導体はニキビ跡の様々な悩みに答えてくれるすばらしい成分なんです。

 

ただ欠点もあって、ちょっと刺激があって乾燥しやすくなるということです。

 

乾燥については皮脂を押させる作用があるので当然なんですが、ピリッとした刺激が感じられるため敏感肌の方には向いていません。

 

よって、ニキビ跡ケアに使うにしても肌が敏感な状態になっているうちは使用を控えた方がいいと思います。

 

でも、ビタミンC誘導体にもいろいろな種類があって、敏感肌でも使用できるものもあるので、ビタミンC誘導体のどのタイプのものが肌に合いそうかしっかりと検討してみて下さい。

 

ビタミンC誘導体の化粧水や美容液について
ニキビ跡にはビタミンC誘導体の化粧水や美容液が絶対おすすめ

 

もしも問題無く無く使えるようであれば、ビタミンCを配合したコスメは本当にいろいろな症状をケアしてくれるので、ニキビ跡ではない方も1本持っておくと良いと思います。